学会認定医がいること

学会認定医がいること

お子様を歯の定期検診や虫歯治療に連れて行くときは、
一般歯科ではなく小児歯科の看板を掲げている歯科医院を選ぶことがほとんどだと思います。
小児歯科の看板だけでなく他にも複数の診療科を掲げている歯科医院も多く、
どこの歯科医院で子供の歯科治療や検診を受けさせるかで迷ってしまう方も少なくありません。
良い小児歯科を選ぶ時のポイントがいくつかありますので参考にしてみてください。
 

 

まず日本小児歯科学会の認定医、専門医がいることです。
日本小児歯科学会とは、小児歯科治療を専門とする治療技術、
知識の向上を目指している学会のことです。
この学会に属しており専門医、認定医として認められている
歯科医師が治療や検診を担当してくれるなら安心感が得られます。
この専門医の認定を得るためには、
5年以上日本小児歯科学会に所属して学会が認めた医療機関にて
5年以上の臨床経験を積む必要があります。
これだけの過程を経ないと小児歯科専門医として認定されませんので、
その認定を受けている歯科医師なら安心してお子さんの歯の健康を任せられると思います。
子どもがリラックスして治療を受けられる環境が整っている歯科医院も、良い小児歯科だと言えます。
キッズスペースやテレビなどの設備が充実していると、
子供も飽きることなく待ち時間を過ごすことができますし、
歯医者に来ること自体が苦痛でなくなります。
また治療中もテレビからアニメが流れたりして、
恐怖心を和らげてくれるような工夫がしてあると、

お子さんもそのお母さんもリラックスした状態で治療を受けやすいのです。