ブラッシングと歯周病

ブラッシングと歯周病

歯科医院で行われているのは、虫歯の治療だけではありません。
最近では、虫歯にならないためにどのような生活をしていけば良いのかを患者に伝える予防歯科という概念が定着しつつあります。
 

 

そんな中で注目を集めているのが、ブラッシングの指導です。
毎日の歯磨きがお口の健康を保つために不可欠であることは皆さんも良くご存じだと思います。
今回は、歯科医院でどのようなブラッシング指導が行われているのかについて詳しく見ていきましょう。

 

ブラッシング指導でよく見られる光景が、赤染めというものです。
これは、患者に液体を飲んでもらいプラークがどれだけお口にあるのかを実感させる指導になります。
この液体をTBIというのですが、皆さんも歯科医院を訪れたとき、自分の口内が歯垢で溢れていることに驚いた経験をお持ちなのではないでしょうか?
ブラッシング指導について精通している歯科医院では、ワンポイント指導というブラッシング指導を取り入れています。
プラークを赤く染める部分を一カ所に絞ることで、歯磨きの課題を1つずつ洗い出していこうという目的があります。
いきなりすべての歯垢を赤く染められてしまうと、患者側もどう対処したら良いかわからなくなることが少なくないため、
一つずつ課題を認識させるというのは非常に有効なのです。

 

一回目は前歯の歯と歯茎の間、2回目は奥歯など、数回に分けてブラッシング指導をすると、
次の診断までの間に患者の歯磨きの仕方に変化があるかどうかを確認することが出来ます。
時間がかかるかもしれませんが、こうした指導を積み重ねることで健康なお口に近づいていくのです。
歯周病治療の専門医がいる歯科医医院では、ブラッシング指導を行っているところが多いのでぜひ一度ご利用ください。